スプレッドは他に比べて広いのか?

くりっく365での口座開設前に考えたいスプレッドとポイント

くりっく365のスプレッドは店頭FXに比べて広い傾向があります。

店頭FXの場合、ドル円取引なら0.3銭というように、原則として固定となっています。くりっく365の場合にはスプレッドは固定ではなく、マーケットメイク方式で決定されます。
取引手数料はかかりませんが、「くりっく365ラージ」では手数料がかかります。「くりっく365ラージ」では取引手数料がかかるかわりにスプレッドなどがお得になっているので、トータルのメリットで考えましょう。

一般的には、くりっく365は店頭FXに比べてスプレッドが広くなっている傾向があるので、短期トレード向けではないと言われています。
しかし、南アフリカランド円やトルコリラ円などのスワップポイントが高い通貨ペアの場合には、店頭FXよりもスプレッドが狭く、さらにスワップポイントも高く設定されているということがあります。
どの通貨の取引をするかによってメリットの差を考えるのがよいでしょう。

FX業者、証券会社での口座開設には特に制限はありません。同時に複数の業者で口座を開設するということも可能なので、あらかじめ口座を開設しておくといざというときに役に立つ可能性があります。

くりっく365での取引はスプレッド幅を考えて!

くりっく365は公設取引所なので高い信頼があります。

投資家から預かった証拠金は全額取引所へ預託されることになっており、万が一FX会社が破綻することになっても全額投資家へ返還されるので安心です。
安心・信頼という意味ではくりっく365はとてもおすすめができます。

しかし、スプレッドの幅が広くなっている傾向があるというデメリットもあるので、よく考えて取引をしましょう。
短期トレードを繰り返していると、店頭FXを利用した場合よりもはるかに大きなコストがかかってしまっていたということがあります。

長期トレードをする場合には、スプレッドはそれほど気にならないものですので、安心・信頼がある「くりっく365」はおすすめができます。
FX会社に大きなお金を預けている人は、銀行などの金融機関と比べて破綻のリスクが高いということを心配していることでしょう。くりっく365ならば万が一会社が倒産しても全額の返金を受けられるので、安心して大金を預けておけます。

短期トレードをする場合でも、南アフリカランド円やトルコリラ円などの通貨ペアの場合にはメリットが出る可能性もあります。

取引をしたい通貨ペアによってメリットの大きさは変わってくるということも考慮しましょう。